SCROLL

ダヴィンチとは

最新低侵襲手術支援ロボット「ダヴィンチXi」とは

ダヴィンチは従来の腹腔鏡手術と同じようにいくつかの小さな切開部を作り外科医の操作に従って 内視鏡・メス・鉗子を動かして手術を行う内視鏡手術支援ロボットです。

操縦席に座った医師(術者)がモニター内の鮮明に拡大された3D画像を見ながら手元のコントローラで、患者さんに設置された内視鏡、メス、鉗子などのついた4本のロボットアームを遠隔操作し、手術を行います。

特徴とメリット

ダヴィンチの特徴

1. 体への負担が少ない
数カ所の小さな切開部から手術を行うため、傷が小さく、出血も抑えられ、手術後の回復が早く、患者さんの負担が軽減されます。
2. 鮮明な3D(3次元)画像
コンソールモニターには高画質で立体的な3Dハイビジョンシステムの手術画像が映し出されます。
3. 精密な動きを再現
医師がロボットアームに装着されている鉗子やメスを操作します。
ダヴィンチの鉗子はリスト構造を持ち、人間の手より大きな可動域と手ぶれ補正機能を備えています。
4. 低侵襲ロボット支援手術の実績
ダヴィンチは今日までに世界中で約250万件(2015年現在)のさまざまな外科手術で使用されてきました。

ダヴィンチで外科手術は新たな時代へ

メリット

患者さんにしい「ダヴィンチ」手術
体への負担が少なく、入院期間の短縮が可能

ダヴィンチ手術の特長としては、手ぶれがなく、精密な操作が可能で、その動きの自由度は人間の手以上のものがあります。腹腔鏡手術と同様に切開部が小さく、傷跡や出血量も最小限に抑えられ、術後の早期回復、入院期間の短縮にも繋がるなど患者さんの体への負担も少ない低侵襲手術が可能となり、開腹手術と比べ、さまざまなメリットがあります。

メリット1
切開部が小さく、
瘢痕(傷跡)がほとんど残らない
メリット2
出血量が少ない
メリット3
麻薬性鎮痛薬の必要性が少ない
メリット4
入院期間が短い
メリット5
合併症が少ない
メリット6
回復が早い

久留米大学病院×ダビンチ

2016年6月久留米大学病院では最新「ダヴィンチXi」を導入

久留米大学病院で導入した福岡県南部では初めてとなる最新機種であるダヴィンチXiは、従来機種のダヴィンチSまたはSiと比較し、さらなる手術操作の安全性、作業効率向上のために多くの改良と工夫がなされており、その機能発揮が期待されています。また将来的な多領域の手術にも柔軟な対応が可能です。

患者さんにとって、より一層の安心・安全で高度な医療の提供を目指します。

担当医からのメッセージ
八木 実
ロボット支援手術(ダヴィンチXi)導入

久留米大学病院 病院長
  同 内視鏡手術センター長
  同 小児外科診療部長
久留米大学 医学部外科学講座小児外科部門 主任教授 八木 実

皆さん、初めまして久留米大学病院内視鏡手術センターの八木です。よろしくお願い致します。久留米大学病院に2016年6月ロボット支援手術(ダヴィンチXi)が導入されましたのでご案内致します。

1.ロボット支援手術とはどんな手術?

腹腔鏡ないし胸腔鏡を用いたいわゆる内視鏡手術は、今や外科の基本手術となっています。気腹圧により出血が少ない、創が小さいという腹(胸)腔鏡の特徴を活かして、これにロボットによる従来困難とされていた角度での視野の確保や、関節のある鉗子で緻密かつ大胆な動きを可能にした手術がロボット支援手術です。その技術特性と操作性は患者さんや医療スタッフにとっても大きな利点があります。現時点で薬事認可を受けているロボット支援手術器具はIntuitive Surgical社製のda Vinci Surgical system(以下、ダヴィンチ)です。

2.前立腺癌におけるロボット支援手術の現状

前立腺がんのダヴィンチ手術は、国内ではまだ限られた施設でしか本格的に導入はすすんでいませんが、アメリカでは前立腺がんの90%近くがダヴィンチ手術で行われ、すでに標準的な治療法として確立されている手術です。

3.久留米大学病院におけるロボット導入の経緯

ダヴィンチXi導入以降着実に準備を進めてきました。2016年6月に1例目の前立腺全摘手術が当院泌尿器科主任教授井川 掌先生執刀のもと無事終了することができました。患者さんの術後経過も良好です。その後、ダヴィンチXi使用による前立腺全摘手術症例数も着実に増加しています(詳細は前立腺ロボット手術のページを参照して下さい)。
泌尿器科での前立腺癌手術から始まった久留米大学病院でのロボット支援手術ですが、今後は外科系診療科全体(消化管外科、婦人科、など)で横の協力体制を深めて、保険収載手術適応拡大を目指してダヴィンチXi使用による外科系部門の悪性腫瘍治療の発展と向上に努めていきたいと思っています。

井川 掌
ダヴィンチXiによる泌尿器がん手術

久留米大学病院 泌尿器科診療部長
久留米大学 医学部泌尿器科学講座 主任教授
井川 掌

2016年6月久留米大学病院にロボット支援手術の最新機種ダヴィンチXiが導入され、前立腺がんに対する手術を開始致しました。

早期の前立腺がんに対しては様々な治療法がありますが、最も効果の高い治療法の1つに手術治療が挙げられます。
この前立腺全摘除術は最初開腹手術に始まり、その後技術の進歩により2000年代はじめ頃から腹部に数か所の穴をあけて内視鏡を挿入し、前立腺を摘出する腹腔鏡手術へと進歩してきました。
これにより術後の痛みが軽減し、回復も早くなりましたが、術後合併症である尿漏れや勃起障害なども減少はしたものの、依然一定の割合で認められます。
そして2009年頃からわが国でも登場してきたのがロボット支援手術です。

基本的な手術手順は従来の腹腔鏡手術と同様ですが、大きな違いは内視鏡や鉗子、メスなどの手術器具を術者がロボットアームを遠隔操作して動かす点にあります。
このロボット手術の利点は、①拡大した良好な3D(立体視)視野での操作②手振れが無く、人間の手以上に細かい動きが可能といったことなどが挙げられます。
これにより、これまでの腹腔鏡手術以上に細かく正確な手技が可能になります。すなわち術中・術後合併症の軽減、患者さんのQOLの改善など治療成績の向上が期待できます。

ロボット支援下前立腺全摘術は2012年の保険収載以降、日本国内で急速に普及しており、また2016年4月からは比較的小さな腎がんに対するロボット支援腎部分切除術も保険収載されました。
泌尿器科のみならず今後多くの外科手術はロボット支援手術で行われる時代へ入っていくことが予想されます。

この度久留米大学病院に導入された最新機種であるダヴィンチXiは従来の機種と比較して種々の新しい機能が加わっており、様々ながんに対して柔軟に対応することが可能です。
がん診療はわが国における医療で最も重要な領域の1つであり、筑後地区におけるがんの外科治療に今回のダヴィンチXi導入が大きく貢献できることが期待されます。

胃・大腸外科におけるロボット支援手術の展望

久留米大学病院 外科診療部長
久留米大学 医学部外科学講座 主任教授
赤木 由人

久留米大学病院でのロボット支援手術の第1例目が2016年6月に施行(泌尿器科)されました。
保険の適応となる手術術式が現在のところ前立腺手術のみですが、今後は胃や大腸などさまざまな手術にも導入されることが期待されます。
胆のう摘出術が開腹手術から腹腔鏡下手術で行われるようになったのが四半世紀前です。
その後の術後の回復や経口摂取開始は早くなり、短い入院期間、術後疼痛の軽減、美容上の点から、腹腔鏡手術は急速に広がりました。
同時に腹腔鏡手術に用いる多彩な器具の開発と改良がなされ、今日では当たり前の手術になりつつあります。

しかし、この内視鏡手術は2次元(平面にうつされる)であるため操作がやや制限されます。
一方、手術支援ロボットは3次元画面(立体的に画面にうつされる)であるため、実態に近い感覚で手術ができ、手先の代わりの鉗子の先端は自由度があるため、複雑で細やかな操作が可能になります。
このような手術は、内視鏡下手術の利点をさらに向上させうる、次世代の医療改革の一端を担う分野です。

手術支援ロボットは、すでに欧米を中心に医療機器として認可され、冠動脈バイパス術、弁置換術にも用いられています。
アジアでは数年前までは韓国がこの分野をリードしていましたが、現在では本邦での導入台数が急速に上回り、全国に広まっています。
これからまだ改善すべき点はあるものの手術に用いられることが確実です。
教室でも対応を検討中で近い将来、胃や大腸の手術に用いられるようになるでしょう。

産婦人科領域におけるロボット支援手術の展望

久留米大学病院 産婦人科 診療部長
久留米大学 医学部産婦人科学講座 主任教授
牛嶋 公生

産婦人科領域でのロボット (ダヴィンチ)手術は、早期子宮頸癌(IB期~IIB期)に対しての広汎子宮全摘出術が、平成28年4月に初めて先進医療Bに認定されました。

広汎子宮全摘術とは早期子宮頸癌に対する標準的な手術法でありますが、他の婦人科手術に比べて侵襲が大きく、非常に難易度が高い術式です。
ロボット支援での広汎子宮全摘術は、開腹手術に比べて出血量が少なく、術後の痛みが軽く、回復が早いなど多くの利点が報告されています。
同じ低侵襲手術である腹腔鏡下広汎子宮全摘出術と比較して、三次元の拡大視野での手術操作が可能で、手術器具の先端部が人間よりも優れた関節機能を有することより、極めて狭い手術野で精密な手術をすることが可能となる画期的な手術です。

久留米大学産婦人科では、すでに腹腔鏡手術での早期子宮体癌手術(保険適応施設)や早期子宮頸癌に対する広汎子宮全摘出術(臨床試験)を開始しており、内視鏡手術に精通したチーム体制が確立されており、ロボット支援広汎子宮全摘術についても、平成29年4月から先進医療導入前の臨床試験としての導入を計画しています。

対象疾患

前立腺がん

ロボット支援手術に期待できるメリット
開腹手術との比較
  • 癌組織がより正確に摘出できる
  • 勃起機能の回復が早い
  • 尿失禁が回復する可能性が高い
  • 出血量および輸血の必要性が低い
  • 疼痛が少ない
  • 入院期間が短い
  • 術後の回復および日常生活への復帰が早い
腹腔鏡下手術との比較
  • 勃起機能(術前水準)の回復率が高い
  • 尿失禁の回復が早い
  • 出血量および輸血の必要性が低い
  • 神経損傷のリスクが低い
  • 直腸損傷のリスクが低い
  • 入院期間が短い

手術上のリスク

ロボット支援手術を含め、すべての手術には、一般的に組織や臓器の損傷、出血、感染症及び体内の傷跡などリスクを伴います。
また、低侵襲手術特有のリスクとして以下のものが挙げられます

  • 手術時の体位に関連する一時的な痛みや神経損傷
  • 手術時に注入する空気やガスによる一時的な痛みや不快感
  • 開腹手術に移行した場合、手術や麻酔時間の延長、追加切開または切開創の拡大、または合併症が起こる可能性が高くなる恐れ

ご不明な点は担当医にお尋ねください。

Q&A

Q1.ダヴィンチ手術の適応は、どんな疾患がありますか?
手術を必要とするすべての疾患がダヴィンチ手術の対象ではありません。
本院では、保険適応となっている前立腺がんに対する前立腺摘出術を実施しております。
今後婦人科領域手術や腹部外科領域手術等へと保険適応がさらに拡大することが見込まれていますので、順次対応する予定です。
Q2.手術費用はどれくらいかかりますか?
2012年4月より、ダヴィンチによる前立腺摘出術が健康保険の適用となりました。
そのため前立腺がんへの先進的な医療であるにも関わらず、医療費の負担は従来の手術とあまり変わりません。
さらに高額療養費制度(*)を利用することで窓口負担を少なくすることも可能です。

例)ダヴィンチによる前立腺がん手術:前立腺全摘術13日の場合(※入院期間が月を跨がない場合)
医療費:約170万円
(健康保険使用で3割負担の場合、窓口負担額は60万円程度となります。但し、食事代、個室代、自費代は別途必要となります。)

(*)高額療養費制度について
出典:厚生労働省ホームページ 高額療養費制度を利用される皆様へ

お問合せ

久留米大学病院
〒830-0011 福岡県久留米市旭町67番地
代表:0942-35-3311(月曜日~金曜日 8:30 ~ 17:00)