久留米大学病院ウェブサイト 久留米大学病院ウェブサイトトップページへ トップページへ
---
ドクターヘリINDEX
---
ドクターヘリとは?
ドクターヘリの特徴
防災・消防ヘリとの違い
出勤 〜患者搬送のフロー
活動報告(統計資料)
搬送事例
ドクターヘリ性能・仕様
運行圏域
離着陸場について
臨時へリポート一覧
患者搬送医療機関
出動基準ガイドライン
運行調整委員会設置
ドクタ−ヘリ症例検討会設置
ドクターヘリ関連資料(PDF)
お問い合せ
---
ドクターヘリTOPへ
---
Home
 

ドクターヘリTOP > 離着陸場について > 着陸の際の留意事項
離着陸場について
---
着陸の際の留意事項
---
> 留意事項
・校庭の児童等、着陸地点の人を避難させて下さい。
・着陸地点の地盤が土砂質で砂埃がたつグランド等にあっても原則的として散水はしない。
・救急車のドアは閉じて下さい。


---
安全上の注意事項
---
> ヘリコプターには機体の真横から接近する。

> 長い物(点滴支柱、無線機アンテナ等)を持って機体に近づかない。

注意事項

ヘリコプターの上部に回転するローターがあります。このローターが回転している時は、それが目に見えず大変危険です。さらにエンジン音で注意力散漫になります。

(1) 接近する場合は、少し身体をかがめて接近して下さい。
(2) 風で飛びやすい帽子・傘・書類等は身につけないで下さい。
(3) 運航クルーの指示に従って行動して下さい。

> 着陸時の砂埃について
一般的に校庭にヘリコプターが着陸するとき、砂埃がたつので窓を閉めておく。

> 強い風が吹いている場合の注意事項
現地到着時、強風が吹いている場合は、ヘリコプターはエンジンを止めずに患者を収容するため、風で飛ばされるような紙、ケース、帽子、傘等は持たないで機体に近づく。

> 道路上へのドクターヘリの着陸について(検討事項)
原則的に警察官等が道路を閉塞した場合のみ、一時的にドクターヘリが道路上に着陸することがある。

---
back 一般基準・防災対応型基準
---
ドクターヘリトップへ

ドクターヘリとは?ドクターヘリの特徴防災・消防ヘリとの違い出動〜患者搬送のフロー活動報告(統計資料)
搬送事例ドクターヘリ性能・仕様運行圏域離着陸場について臨時ヘリポート一覧患者搬送医療機関
出動基準ガイドライン運行調整委員会設置ドクタ−ヘリ症例検討会設置ドクターヘリ関連資料(PDF)お問い合せ
©2003 Kurume-University Hospital. All rights reserved.