ボランティア活動について

このページを印刷
久留米大学病院では、外来患者さんが安心して受診できるためのお手伝いや、入院患者さんとそのご家族が入院生活を快適に送っていただけるためのお手伝いを、ボランティアの皆様に行っていただいております。
病院ボランティアとは、院内において患者さんがより良い環境の下で 安心して治療が受けられるよう、医師・看護師・その他の職員と協力して、自発的に無償で奉仕をしていただく方のことです。
私たち職員の行き届かない視点で患者さんと接することができる存在であり、当院と地域社会の皆様を結ぶパイプ役でもあります。当院がボランティア活動を始めて13年が過ぎ、これまでにたくさんの皆様に心温まるご奉仕を頂戴いたしました。
現在の活動は、外来ボランティア、病棟ボランティア、アートボランティアなどが行われています。

外来ボランティア

  • 外来患者さんの診療科や検査室へのご案内
  • 入院患者さんのお荷物搬送のお手伝い、病棟までのご案内
  • 受付補助、代筆
  • 車椅子のお手伝い
  • 生花の展示

病棟ボランティア

  • 傾聴、お話のお相手、読み聞かせ、手足のマッサージ
  • 花などの展示
  • 音楽会、各種教室(押し花、お花、お茶、グラスア-ト、三線、七宝焼きなど)の開催

アートボランティア

  • 院内コンサートの開催
  • 作品のご提供、マジック、バルーンアート
  • レクレーションの開催やお手伝い

お問い合わせ

ボランティア活動に対するご質問や参加のご希望などがありましたら、下記までお気軽にご相談ください。
これからも、ボランティアの皆様にお力添えをいただきたいと願っております。
退職後の皆さんの善意もお待ちしております。

 

  • お問い合わせ先
    久留米大学病院 管理課 電話:0942-31-7602

ボランティアの声

  • 私たちは悩める患者さんをスタッフに橋渡しするため笑顔を心がけています。
  • 色々な方とお話ができ、時には感謝の気持ちを頂き嬉しく思います。少しでも人の手助けが出来た事で充実感が得られ益々人に優しく出来る気がします。私自身も元気を頂き感謝しています。
  • 時間がおありの方、ボランティアは自分のため、とても考えることが沢山あります。是非出来ることから始められると良いですよ。

学生さん・生徒さんによる夏休みなどを利用した短期ボランティア活動について 学生、生徒さん(中学生から高校生・専門学生・大学生)によるボランティア体験を受け入れています。

ご希望の方は、先ずお電話下さい。(受け入れに関して説明を致します)

先輩ボランティアがやさしく指導にあたります。

ボランティア登録の流れ

ボランティア活動参加申込書の提出と面談を行います。その後、外来ボランティアに関しては、先輩ボランティアと共に3日ほど活動体験を行い、自分に出来るかどうか判断して頂きます。病棟ボランティアに関しては、病棟師長と相談していただき、アートボランティアに関しては、事務局と相談の上、登録となります。

活動スナップ

  • 院内演奏会 ブリヂストン吹奏楽団久留米院内演奏会 ブリヂストン吹奏楽団久留米
  • 緩和ケア病棟 傾聴・コーヒーサービス緩和ケア病棟 傾聴・コーヒーサービス
  • お楽しみ会 人形劇1お楽しみ会 人形劇1
  • お楽しみ会 人形劇2お楽しみ会 人形劇2
  • 病院学級 お花・お茶病院学級 お花・お茶
  • 病院学級 三線病院学級 三線
  • 外来案内外来案内
  • 病院学級 七宝焼病院学級 七宝焼
  • 病院学級 グラスアート病院学級 グラスアート
  • 外来案内 生花の展示1外来案内 生花の展示1
  • 外来案内 生花の展示2外来案内 生花の展示2
  • 病院学級 読み聞かせ病院学級 読み聞かせ