月曜日~金曜日 8:30~17:00
TEL:0942-31-7618 FAX:0942-31-7900

概要

皮膚の病気全般が対象となります。

特徴

皮膚病は非常に範囲が広く、皆様もご承知の湿疹、皮膚炎、蕁麻疹、白癬(水虫)、疣贅(イボ)、タコ、魚の目、ニキビ、脱毛などがあります。これらの疾患は実際頻度が高く、治療には日常の生活指導を中心としたきめ細かい指導と薬物治療などが必要です。

しかし皮膚の病気は必ずしも、このようなありふれたものばかりではありません。水疱症、母斑などの先天性疾患(あざ、ホクロ)、膠原病や糖尿病に伴う皮膚病、良性腫瘍、皮膚がんなどの悪性腫瘍、炎症性角化症(乾癬)などがあり、時には入院して治療を行う場合もあります。例えばヘルペス性感染症や化膿性皮膚疾患の重い場合は点滴治療を行い、重篤な全身症状を伴った水庖症や角化症などは全身管理をしながら薬物療法を行います。

皮膚腫瘍は疾患の種類・大きさ・部位などによって手術室で手術を行うこともあります。このように皮膚科では幅広い診療を行っています。皮膚にいままでなかった病変・変化が出て、痒みや痛みを伴ったり、急速に増大するなどの変化が見られたりしたときは、ぜひご来院ください。

皮膚科のホームページへ