睡眠医療外来CPAP(持続陽圧呼吸)療法

このページを印刷

CPAP療法とは、CPAP装置本体からエアチューブ、鼻マスクを介して気道内に陽圧をかけ、気道の閉塞を防ぐことにより、無呼吸を取り除く療法です。夜間のみに使用し、その効果は使用した翌朝に実感できる方もいます。重症OSAS(閉塞型睡眠時無呼吸症候群)においてCPAP治療群と無治療群を比較した場合、CPAP治療群のほうが明らかに予後が良いという報告など、多くの研究によって、中等~重症OSASに対して治療効果が証明されています。


CPAPの原理

治療効果

  • 無呼吸、低呼吸、いびきの改善
  • 血液ガスの改善
  • 睡眠の質の向上
  • 日中の眠気などの改善
  • 高血圧や狭心症など合併症の改善

費用

健康保険の適応となっていますが、保険を用いるためには月に1回の受診が義務付けられています。

CPAP装置の選択

処方された一定の陽圧を供給する固定CPAP装置が一般的に広く用いられています。

一方、オートCPAPは固定CPAPの至適圧の選定(タイトレーション)の補助や、導入初期の治療効果の評価に有用です。
また、固定CPAPでは圧力に対して不快感を訴えるなど、場合によってはオートCPAPを用いることがあります。

患者さんの呼吸状態に応じて圧力を供給するオートCPAP装置です。

 

軽量・静音設計のCPAP装置です。
 高性能ファンモーターの採用により静かで安定した圧力を供給するため、ベッドパートナーの睡眠を妨げることなく快適なCPAP療法が行えます。

CPAPの副作用

CPAPに重篤な副作用はありませんが、マスクによる皮膚のかぶれ、空気の漏れによる不快感、口鼻の乾燥などがあります。

しかし、マスクの選択や加温加湿器の併用などの対処で改善できます。