指定・認定施設アイバンク

このページを印刷

アイバンクとは

アイバンクとは、提供された角膜を角膜移植をうける患者さんへあっせんする機関です。
アイバンクは、昭和38年から全国に設立され、現在では各都道府県に最低1機関あります。
久留米大学アイバンクは、久留米大学病院に属し、久留米市をはじめ福岡県筑後地方を中心に活動しています。

角膜とは

角膜とは、眼球の一番前に位 置している直径11mm、厚さ0.5mmの透明な膜で、眼球の壁の一部を構成しています。一般的には黒目とよばれる部分です。私たちは、この角膜を通してものをみたり、光を感じることができるのです。

角膜移植とは

角膜が病気や外傷で白く濁ってしまったり、穴があいてしまうことがあります。このような角膜は透明な角膜ととりかえる必要があります。この手術を角膜移植といいます。角膜移植によって多くの人が「ひかり」をとりもどすことができます。

角膜移植の現状

全国には、角膜移植を行うことでしか視力を回復できない角膜の病気で苦しんでおられる方が数多くいらっしゃいます。しかし、日本では角膜の提供が非常に少ないため、角膜の提供を数年にわたって待ち続けておられる方が多く、慢性的な角膜の提供不足が続いています。

資料請求

※メールの本文内に、必要事項(お名前、ご住所、電話番号、E-mailアドレス)を全て記載の上、送信してください。
※当アイバンクへの資料請求は福岡県筑後地方に在住の方に限ります。他の地域の方はお問い合わせいただければ最寄りのアイバンクをご紹介いたします。

リンク

久留米大学医学部
眼科学教室
久留米大学アイバンクが属している久留米大学医学部の眼科学教室のサイトです。
https://www.kurumeeye.com/
財団法人
日本アイバンク協会

全国各地のアイバンクが属する協会のホームページです。
久留米大学アイバンクもこの協会に加盟しています。
http://www.j-eyebank.or.jp/

久留米大学アイバンク

所在地 〒830-0011
福岡県久留米市旭町67 久留米大学医学部眼科学教室内
電 話 0942-35-3311
E-mail eyebank@med.kurume-u.ac.jp
設 立 昭和39年6月