「診療費後払いサービス」と「診療待ち番号確認サービス」について

このページを印刷
-久留米大学外来アプリ「Sma-pa」の運用を開始しますー
~スマホでどこでも診察番号確認や会計待たずにスグに帰れます~

久留米大学病院では、患者さんの利便性向上を目的に、スマートフォンアプリを活用した「診療後払いサービス」と「診療待ち番号確認サービス」の運用を令和3年5月6日(木)より開始しました。
 「診療後払い」は、診察前に患者さんが後払い利用申請を行うことで、診察終了後、会計を待たずにそのまま帰宅することが可能となるサービスです。支払いは、アプリのクレジットカード決済となりますが、領収書や診療明細書はアプリ内で確認できる仕組みとなっているため、領収書等を紛失する恐れもなくなります。
 「診療待ち番号確認」は、受付番号の診察待ち状況をアプリ内で確認できるサービスです。患者さんは、診察までの待ち時間を有効に活用することができるとともに、待合スペース等の混雑緩和にも繋がります。
 久留米大学病院では、これらのサービスを含め、引き続き患者さんの利便性向上に努めてまいります。

利用については、パンフレットをご参照ください。
病院外来アプリSma-pa(スマパ)ダウンロードはこちら
▼iPhone / iOSの方はこちら
AppStoreからダウンロード
▼Androidの方はこちら
Google Play で手に入れよう