ホーム > 地域がん診療連携拠点病院

更新日付 | 2016/11/11

地域がん診療連携拠点病院

がん相談支援センター

筑後川

がんは、心身両面に大きなストレスをもたらします。

今までに経験した事の無い、つらい状態に陥り日常生活に支障が出る人も少なくありません。不安や孤独感など、心の苦痛も強く見られます。お話しするだけで気持ちが軽くなるかもしれません。

line


がん支援相談センターに

専門の看護師が相談に応じています。悔いを残さない治療・療養をするために、迷っている事や理解できない事・悩んでいる事・不安な気持ちを相談しましょう。お話を伺った上で、求めている情報の提供や理解を手助けし、自己決定のための支援を行っています。電話での相談も可能ですが、直接面談のほうが、具体的で細かな情報提供や相談が出来ます。相談は、患者さん本人に限らず、ご家族からの相談も可能です。
また、がんに関する冊子も提供しています。

がん情報について

病気を正しく理解することから始まります。
インターネットや雑誌などから多様な情報が発信され翻弄されてしまいがちですが、すべての情報が絶対的なものではありません。
あくまでも参考として理解しましょう。

情報を探すときは、情報提供の主体が明確にされた公的研究機関のサイトの利用をお勧めします。

がん相談支援センターにご相談ください

がん相談支援センター

相談場所: 久留米大学病院 総合診療棟1階「がん相談支援センター」
受付時間: 9:00~16:30 (相談料:無料)
連絡先 :TEL:0942-31-7903(直)・FAX:0942-31-7716

参考サイト

がん診療連携拠点病院

国立がんセンターがん情報サービス

日本対がん協会

がん研究振興財団

無料がん相談ホットライン 電話:03-3562-7830 予約不要


セカンドオピニオンとは

『第2の専門的意見(判断)』という意味です。

患者さんが、主治医以外の専門医に診断や治療法に関して客観的な意見や判断を求め、その意見を今後の治療・療養の自己決定の判断材料にして頂く為のものです。悔いを残さない選択をするために利用されると良いでしょう。

まずは、現在の病状の理解が基本です。

久留米大学病院、及び久留米大学医療センター以外の医療機関におかかりの患者さんが対象で完全予約制で対応しています。

注意事項

◎情報提供のみで、検査や治療は行いません。
◎ご相談をお受けできない場合もあります。
◎当院で治療希望の場合は対象外です。
◎完全予約制・自由診療で有料です。
◎問い合わせやご予約は無料です。

セカンドオピニオンのお問い合せ

直通電話:0942-31-7903 (平日9:00~16:30)

line


緩和ケアとは

がんにともなって起きる精神的・身体的なさまざまな苦痛を和らげるためのケアを行い、それぞれの患者さんが『その人らしく』過ごせるように支援していくことです。

line

緩和ケアは、がんと診断された時から、病気の状態に関係なく、いつでも受けることができます。また、病院だけではなく住み慣れた自宅でも緩和ケアを受けることができます。

積極的ながん治療が出来なくなった場合、あるいは、積極的ながん治療が逆効果と判断された場合などに、残された時間をどう過ごすのか、その人にとってどこで療養するのが良いのか判断する時がくるかも知れません。

安心で居心地の良い、安らぎの場所である住み慣れた自宅で人生の締めくくりをすることもできます。

緩和ケアを受けながら自分らしく生きるために、がんと診断された時から、どこで療養するか、どこで過ごすか等、家族でお互いの気持ちを話し合うことも大切です。

line


地図

がん相談支援センター 地図


ページのTOPへ ▲