HOME > はじめに

はじめに

PET検査は、細胞の活性度の違いを画像化します。CT・MRI検査による画像では、一般に形状の変化から異常を推測しますが、腫瘍の悪性度を見分けるのが難しいこともあります。しかしながら、機能的診断法に属するPET検査では、その部分の細胞の活性度にあった画像が得られるため、悪性もしくは良性の判断をすることも可能です。

PET検査は、着衣のまま、検査台に横になって行いますので、負担の少ない検査です。また、一度の撮影で全身を検査できるので、がんのスクリーニングをはじめ、病期診断、転移、再発の診断に有効とされています。特に、PET検査による正確な診断は、適切な治療方針の決定に寄与しています。

久留米大学病院は九州でも有数の病床数を誇る「がん診療連携拠点病院」です。あらゆる専門医を配置し、地域の医療機関から紹介された患者さんや、急性期の患者さんに対し、高度かつ安全な診断から治療までを一貫としてご提供します。これが当院PETセンターの最大のメリットです。


※PET(Positron Emission Tomography)

上に戻る ▲